小畠

パートナーから正社員登用

元気なお店で働きたい!

エブリイで働く前は、専業主婦でした。結婚前は接客のアルバイトをしていました。結婚後も働きたい気持ちはあったのですが、子どもが小学校に上がるまでは子育てに専念しました。子どもが小学校に上がり仕事を探し始めた時に、真っ先に候補に挙がったのがいつも利用しているスーパーの仕事。主婦の時はいくつかのスーパーで買い物していたので、スーパーごとの雰囲気は知っていました、エブリイを選んだのは、いつも元気で、親身に対応してくれるスーパーだったからです。

スーパーのイメージ

スーパーの仕事って、商品を並べたりレジを打ったりと、どちらかというと静かで接客のイメージはなかったのですが、エブリイはいつも活気があって、接客の仕事が好きな私にはぴったりでした。商品部という、生鮮食品以外を扱う部署に配属を希望しました。理由は、裏よりも店頭にいる時間が長く、その分お客様ともお話できると考えたからです。

成果がすぐにでて楽しい

エブリイでは、部門ごとに「どれくらい売れているか」「いくら利益が出ているか」が分かるシステムがあるので、売り場を変えると売上にどのように影響したかが分かります。最初は言われたままに商品を並べる仕事をしていたのですが、同じものでも日によって置く場所を変えるようにとアドバイスがありました。それで売上が上がったと聞くと「どんな工夫をしたんだろう?」とか「もっと売上を上げるためにはどうしたらいいんだろう?」と考えるようになりました。

正社員にならない?

売上が上がるために考えて工夫をしていた私の仕事の姿勢を買っていただけて、「小畠さんなら社員でも働けるんじゃないか?」と当時の店長に言っていただけるようになりました。社員になればもちろん責任もありますが、売り場を自分で考えて自分で作ることができるので、やりがいも増すんじゃないかと考えて社員になることを決意しました。

社員としての目標

社員になってから、より数字のことを考えたり、パート・アルバイトさんのマネジメントを考えたり、クレーム対応をしたりで、かなり忙しくなりました。でも、私がパートナー(アルバイト・パート)から社員になったことを知っていただいて、他のパートナーさんの励みになればいいなと思って日々頑張っています。将来的には、部門を任されるチーフや店長になってたくさんの方と一緒に働けたらいいなと考えています。

募集中のパート・アルバイト採用